fc2ブログ
本日から売り出した釣りおやじ特製ウィリー仕掛け。
とにかくチ元には例のアイテムが装着してありますし、ハリスも「トルネードSV-1」を使用している関係上、価格を高くせざるを得ませんでした。
そこで例のアイテムは一番下の針のみとし、ハリスもダイヤフィッシング「ジョイナー」もしくはユニチカ「フロール」に置き換えた第二弾を発売いたします。

コレなら売値500円をつけられますので、何とか試せるのではないでしょうか?(*^_^*)
既に売り出した物も売れておりますので、コレはプレミアム物とし、通常のものにはSV-1を使いません。(採算割れしてしまいますのでね)

使用している針をマクロ撮影しましたのでどうぞ見てください。
もちろんウィリーはおいらが自ら巻いた物です。

4


107


376


197


125,126,383


如何でしょうか?
市販品とはクオリティーが違いますからね、使っているハリも巻きも。
どうも釣りおやじです。(^_^;
今度ライトタックル五目の仕掛けを売り出すことにしました。
原価が高すぎたので、売値を安くすることができません。

ただし、ハリスはトルネードSV-1を使用し、針は市販仕掛けには絶対無いものを使っています。
マダイ用、アジ用、イサキ用をラインナップして有りますので、是非お試しを!
もちろんチ元には、お約束のアイテムを使ってあります。

仕掛け全景


マダイ用


アジ用


明日あたり、庄治郎丸へ持って行こうと思っています。
ハリスの太さは2~3号を取り揃えていますが、なんせ手間が掛かるので一個辺りの仕掛け単価は600円になります。

もちろんハリスの銘柄を何でも良いにしちゃえば、もっと安くなりますけどね。(^_^;
ずーっとマルイカ船に乗ってばっかりいたもんですから、本当に久し振りにライトタックル五目船に乗った釣りおやじです。
他の釣り船に乗ってイサキなんかも狙ってはいましたが、庄治郎丸の方が何だか勝手が良いですね。

さて、やっぱり夏なので、朝から船宿は大変な騒ぎ。
今までは開店前に来るお客さんなんてイカ船のお客さんしか居なかったのに、シイラ船のお客さんはなぜか開店前にみんな来ちゃっております。(^_^;

やっぱりミヨシを取りたいんでしょうね。(笑)
まずは出航前の風景。
乗り合いのシイラ船とセミナーの船には、ルアータックルを携えたお客さんが鈴なり。

出航前1


そんでもって、先週までは鈴なりだったマルイカ船は結構人数が少なめ。

出航前2


出航したのは定時の6時30分。
東に向かうのかと思ったら、やっぱし西へ。
大磯港の前にある漁礁周りから。

ここでいきなり船長の本命であるアジが当たりだしたので、船上も盛り上がり。
潮はワ潮がカッ飛んで居て南っ気の風だから、左舷ミヨシに居るおいらは完全に蚊帳の外。
アタリを出すのはみんな潮下の人たちばかり。

そこで船長(ヒカルね)が言う棚よりも下のほうでコマセを出し、更に低めで待つと竿がゴン!

かなり引くし、ハリスも2号以下なので慎重にやり取り。
揚がってきたのは、こんなビッグなマアジ!

オオアジ1


比較するものがないから大きさは分らないかもしれないが、幅がメチャンコ広い。
まな板に載せた写真も載せとこうかね。

オオアジ2


このまな板の大きさは44cm。
比較すれば大きさは分ると思いますよ、実際。
更にこの後、中っぱのキアジも何匹か釣れたら、やっぱしサバが回って来ちゃいました。

そこで祭があって茅ヶ崎の船が出てない烏帽子周りへ転戦。
狙いはもちろんイサキ。
しかし江ノ島の船が先行していて、良い場所は空いておりません。

仕方なくここでもアジ狙い。
アジはポツポツと顔を出すも、何だかパッとしないので西へ戻るように船を進めるヒカル船長。

行った先はこ国府津沖の「マンション下」。
途中「梅沢前」辺りで止るのかと思ったら、通り過ぎちゃった。(^_^;
ここでは水深24mラインを攻め、カッ飛び潮の中からポツポツと小イサキ(ウリンボ)が顔を出す展開。

おいらも食べる分として10匹確保しようと思ったら、13匹釣れてました。(笑)
丁寧にお作りにしたら、脂が乗っていてすこぶる美味。
作るのは結構テクニックが居るけど、頑張る意味は大有りだね。

そんな感じで攻めるも、潮が早すぎるので大潮港前に戻った21号船。
しかしやっぱりサバが居ついてしまったようで、思うように仕掛けを下ろせない。
仕方なく観測塔沖36mラインの漁礁を攻め、ポツポツとアジを拾って本日の釣りはおしまい。
ま、大アジガ釣れたので良しとしましょうかね?
今日も庄治郎丸の船上人となったおいら。
お供はこの人おしょうさんです。(*^_^*)

おしょう


そしてお隣に座られた方は本日がライトタックル五目初挑戦というMさん。

Mさん


今日の相模湾は、先週よりもまして、滅茶苦茶潮が澄んでいました。当然のごとくアジを狙ったポイントはサバとソーダの嵐。すぐに西へ移動し、何とか釣りになりました。西ではカワハギやイシダイ君が元気を出してくれ、ポツポツと顔は見れました。

おいらもイシダイを釣り、マダイも釣れましたとさ。最初につれたマダイは300gぐらいの型だったので、速攻で海にお帰りいただき、場所を変えて釣れあがったのはキープサイズ。
ま、大きいのはマダイ船で釣ることにしますよ。(庄治郎さん、早く休日メニューにするようにね!)

おしょうもポツポツと釣り、初めてチャレンジしたMさんもイシダイを2枚も釣り、大喜び。天気も良くて凪も良かったから、ま、釣り日和だったのでしょう。しかし潮がある程度濁ってくれないことには、どうにもなりませんな。ビシを落としてもかなりの水深まではっきりと見えるし、魚を釣り上げてきてもすぐに何だか分っちゃうくらい澄んでね。

イシダイ


帰り際にスマ鰹も釣れ、良いお土産になりました。おしょうも良い型のデカアジを釣り、ライトタックルの釣果としては満足みたいだった。

おしょうと2ショット


本日の釣果
本日はマダイ船が出ないにもかかわらず、庄治郎丸へ行ってしまったおいら。 釣り物はメジ・カツオっていう手もあったが、マダイ船に近いといえるライトタックル五目船に乗ってきたのだ。 お供はこの人、jun-chanさんである。

もちろん担当するのはヒカル21号。ただし、本日は2番船として7号の八ちゃん船も配船されている。

そんなわけで、片舷6人という丁度良い人数。(*^_^*)

右舷


最初西方面へ行くのかと思ったら、真沖でアジを狙うという。しかしイナダが回っている所為か、サバとヒイラギしか釣れない。困ったヒカル船長は東の根回りを攻めてみるといって、走り出した。今度の場所は烏帽子岩を過ぎて江ノ島の近くで、最初の一投目で○沢さんがイナダを釣って見せた。

フジサワさん


そこからは怒涛のイナダラッシュ! コマセを振れば誰かしらにヒットする感じで、全員坊主脱出。(イナダで良いのか?)

ジュンちゃんとイナダ


そんなことをしていたら、またまた○沢さんにヒット! 今度はシマシマ君を釣り上げた。

イシダイ


さらにお隣に居たシノピー1号が黒鯛をヒットさせたのだ。(おいら面目無しです(^_^;)

黒鯛


おいらと話していたときに、置き竿にしていてヒット。やっぱり釣り人の気が抜けていたほうが、魚は食うよね。そしてその隣に居た、中乗りの住吉さんまで黒鯛を釣ってしまった。(^_^; 

住吉黒鯛


おいらもイナダと遊ぶというか、イナダを交わしながらがんばっては見たが、一向に当たる気配がない。タイ仕掛けで頑張るも、とうとうこの竿はイナダ以外全然突っ込まないで終わってしまいました。

突っ込まないおいらの竿


そんなわけでイナダしか居ないクーラーを撮っても仕方がないので、ご容赦のほどを。