fc2ブログ
爆弾低気圧が接近中というのに、昨日6日に釣りへ行ったおいら。
船は山川丸でした。

yamakawamaru2013-4-6


釣り場は初島周りで、メインターゲットはイサキ。
メンバーはヨダッチと釣れない隊に入っちゃったジュンちゃんとうえぽん、そしてダイスケとT島の6人。
朝は風がなかったのでいい感じだったけど、そのうち風が吹き始め海も荒れ模様。

イサキはバンバン食ってくるけど、立って釣りができません。(^_^;)
そのうちおいらも調子が悪くなってきて、イサキもだいぶ釣ったところでしばし休息。
イサキの場所は初島の陸地から300mぐらい沖合のすぐ近く。

お土産沢山なので、風裏になるハトヤ前に移動し、今度はアジ釣り。
アジもいい感じに食ってきて、結構楽しめました。
そして「これで上がりますよ~」と船頭さんの声がした途端T島がやり取り開始。

引きからして完全にマダイ。(^_^;)
結局T島が有終の美を獲得して終了。
ま、何とか定時まで出来て、良かったですわい。


スポンサーサイト



かねてから予約していたんですが、山中湖のワカサギ釣りに行ってきましたよ。(*^_^*)
メンバーはのりさん家&おいらとかみさん。
本厚木の駅前に5時50分集合で6時出発の予定でしたが、ぬあんと!のりさん家が寝坊!^_^;
タクシーにて集合時間を5分過ぎたところで滑り込みセーフ。(爆)

ま、そんなわけで朝からハラハラドキドキしてしまいましたが、何とか出発したわれら一行。
途中足柄サービスエリアでトイレ休憩した後、目的地山中湖には7時45分に到着。
さすが山中湖、富士山が見事です。

山中湖からの富士山

さて、ワカサギドーム船とはこんな大きな船です。

湖明荘ドーム船

ご厄介になったのは「湖明荘」という、老舗の船宿。
おいらの弟子のダイスケ君も御用達です。(笑)
このドーム船が沖合まで自走し、ポイントにアンカリングして釣るんです。
中はこんな感じです。

ドーム船

のりさんのカメラ目線ってどうよ?(笑)
さて、我々は知りませなんだが、どうやら本日はワカサギ釣り大会のようです。
それを知ったのは釣り始めてからだったので、最初はのんびりしていたのりさんも、なぜか俄然張り切りだしました。
おいらが酒を注いでも、まったく意に返さないで黙々と釣っております。^_^;

てなわけでおいらも黙々と釣り始めました。(爆)
道具立ては弟子のダイスケ君から借りた「湖明荘」オリジナル「わかさぎの蔵」という電動リール&ワカサギロッドです。

ワカサギの蔵

ワカサギ釣りは20年ぶりくらいだったのでなんだか最初は戸惑いもありましたが、すぐに勘を取り戻しました。(笑)
マルイカ釣りのごとくタタキ、誘いあげ、止めでアタリを出し、さらにアタリが遠のくと巻落しを駆使してアタリを出していきました。
結果酒を飲み飲み215匹を釣上げ見事優勝。
優勝所品は豪華温泉ホテルのペア宿泊券。

のりさんが2位、のりさんかーちゃんが3位、更にのりさん愛娘が4位という成績。
うちのかみさんは途中で止めちゃったので92匹でしたが、そのままやっていたら間違いなく5位まで我々が独占していたと思います。
うん、まてよ・・・・・そういえば束釣り以上は我々だけだったので、もしかしたら92匹でも5位でした。^_^;
やっぱりこういうところであんまり真剣にやってはダメですね。

雲に煙る富士山縮小
昨日の続き

でも一生懸命釣れない舳で頑張りましたよ、ええ。
所が竿を曲げたのはまたしてもジュンちゃん。
しかしながら我々の熱視線が悪い方に作用したのか、バレてしまいました。(^_^);

さらにおいらがコマセを振ると、今度はまたまたのりさんの竿がズッポシ!
一体全体どうなっているんだお~!
今度はさらに型が良さそうです。(笑)

2.5キロ

さらにさらにのりさんの快進撃は続き、またしても竿を曲げてしまうのです。
今度は800gぐらいの食べごろサイズ。
そしてまたまた連荘モードになって、都合4枚目。
おいらとnogumaguはあっけにとられて開いた口がふさがりません。(爆)

後のメンバーも一生懸命釣るのですが、マダイの顔を見たのはサバ雄さんの友人A氏だけ。
でも左舷に居る人たちは、マダイが釣れなくても舳の人を除いてみんなクロダイを釣ったから御の字なはず。
とにかくこの時点まで魚を釣っていないのは左舷の舳に居るサバ雄さんの友達B氏とおいらとnogumaguさんのみ。

サバ雄さんとユジダルさん


そんな折、船の横をこんなお方が通過いたしました。

潜水艦1

潜水艦アップ

間近にみる潜水艦はかなりな迫力です。

そんな中、なんだかいろいろやっていた左舷のB氏が、デカいマアジを釣って早々と完全〇ボ脱出。
あせる我ら。
タナを聞いてアジのタナになりふり構わず合わせるところなんて、釣りおやじ失格です。(爆)

すぐさまアタリをとらえてアジで確変モードに突入。
連荘でブチ上げるものだから、本日のヒーローのりさんまでタナを聞きに来る始末。
でも10匹を釣ったあたりでタイムアップとなりました。

明日に続く
本日は晴天なり、本日は晴天なり、こちらは釣りおやじです。
え~、釣れない隊に転んだわけではありませんが、釣れない隊の面々と松輪港は浜鈴丸にてマダイ釣りに繰り出しちゃいました。

実は昨日まで色々と逡巡すべきことがあって、一緒に行くことを決めたのは昨日の午後。(^_^);
直ぐ様ジュンちゃんに連絡し、のりさんにも連絡して迎えに来てもらう算段を付けたのでした。〇
そんなわけで準備万端とはいかず、結構一生懸命に支度をしたのでした。(笑)

松輪港の浜鈴丸はおいらも過去に行ったことがあったので、様子は解かっていました。
船は大手船宿の大型船に比べて一回り小さい感じで、庄治郎丸でいえば12号船ぐらいでしょうか?
でも船足は早く、松輪港の恒例釣り場までのレースでは最初リードする場面もありました。
(もっとも成銀丸や瀬戸丸に最終的にブチ抜かれてしまいましたが)

仕掛けはハリス3号10m、コマセはと付けエサはオキアミで開始。
水深は水面から32m。
38mまで沈めてコマセを振りながら棚に合わせる釣り方。

そんな第一投目、早くも竿を曲げたのはジュンちゃん。(^_^);
直ぐ様のりさんが横に立ち、取り込みの準備。
タモに入ったのは紛れもない大本命マダイちゃん。

自席に戻ったのりさんが竿をチョチョイと動かせば自分の竿がズッポシ!
のりさんの方がどうやら型が良さそうです。

破顔一笑

にっこりほほ笑む二人は艫側に陣取ってますが、舳側に居るおいらとnogumaguさんはまったくの蚊帳の外。

明日に続く
とうとう相模湾の沖合に、マグロやカツオがやって来たらしいです。
先ず先遣隊のルアー船が本日探索行動をしたらしいですが、カツオを一本釣、キハダも見かけたらしいです。
何だかそんな情報を聞くと、ソワソワしますね。(^_^);